駐車場の分類

駐車場はいくつかの分類に分けることができます。

まず、平面駐車場というタイプがあります。これはオープンロット式とも呼ばれます。
平面利用の駐車場のことで野天式(青空駐車場)と屋根付き広場式の二種類に分類することができます。
平面駐車場のメリットは建設コストがやすく維持費もかからないということです。
野天式は規模の小さいものなら庭先の2台収容できるものから大きいものなら1000台規模のものまでさまざまです。
地面が土になっているもの、砂利敷のもの、アスファルトで舗装されたものまで様々あります。

屋根付き広場式は軽量鉄骨の柱にトタン屋根がついている駐車場が多いです。雨の日でも利用者がぬれることがありません。

平面駐車場に対して立体駐車場があります。この中に自走式立体駐車場と機械式立体駐車場があります。

自走式は駐車場内を機械を使って移動するのではなく利用者が自分で入庫から出庫まで行う駐車場のことです。専用昇降路の設置の仕方でフラット式とスキップ式、連続傾床式の3つに区別することが可能です。

自走式の中の種類についてさらに見て行きましょう。
専用地下式駐車場は都市計画駐車場として道路の地下や公園、駅前広場などの地下に作られている駐車場です。

ビル付属駐車場は附置義務駐車場施設としてビルの地下や屋上に作られている駐車場です。

専用ビル式駐車場は駐車場のために作られたビルになっています。

1層2段式駐車場はプレハブ式の立体駐車場で建設大臣の認定を受けたものになります。

関西空港の駐車場をお探しならおすすめはこちらです。

Comments are closed.